アフリカのケニアでビジネスを成功させる!

決断はお早めに

2018/03/23
 
決断
この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

こんにちは。MAXY(マクシー)です。

2014年11月からアフリカのケニアへ来てビジネスをしています。ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。

 

今回は、私がビジネスをするときに「決断を早くする」ということが大事だということに気づきましたので、そのことについて書いていきたいと思います。

いろんな場面で決断を迫られることがあります。

ある本を読んだ時に、これをするかしないか?という決断を迫られたときに、今でなくてもいいのではないか?と思い、保留という回答をすると、「その人は決断をしないという決断をしたことになる。」と書いていました。これはこのときに大きなビジネスチャンスを逃しているということだそうです。するなら今。しないならしない。そして別の方法を考える。

なので、私はYesかNoをできくるだけその場で決断するようにしています。

 

例えば、

●車の買い付けで、この車両を買うか買わないか?(この次に出てくる車両が絶対にこれより良い車両という確証はない)

●レンタカー事業やバイクショップを始めるか始めないか?(いくら儲かるかはやってみないとわからない)

●この人と一緒にビジネスを継続していくべきかどうか?(言い訳ばかりする人は何も解決してくれない)

などなど。。。

 

「車の輸入では」

ケニアの関税制度が突然変更されることがよくあります。日本から船で出向した後だと、ケニアに到着して、送り返す訳にはいかず、いつもより高い関税を支払うしかない状態になることは、たまにあります。これを買おうかどうかと迷っている間に、どんどんリスクが高くなっていきます。検討し過ぎず、早く買って送る!タイミングが悪ければ次!と勉強しました。

 

「事業開始かどうかでは」

いろんなリスクや利益の計算を慎重に考える前に、まずやってみましょう。ダメならあきらめよう。くらいがいいかと思います。実際事業をやってみてわかることが、かなり多いです。その都度、修正していけばだんだん利益がでてきます。机上ではわからないことが多いという感じです。

 

「ビジネスパートナーにする人は」

ケニアでは失敗をして言い訳する人が多いですが、同じ失敗を繰り返さないように努力する人もいます。そして、ダメな場合はスパッと見切りをつけるのも大事だと思います。1、2度言っても改善されないような取引先は、嫌われるのは恐れず他の取引先を探した方がいいと思います。いい人は他にもいます。

 

以上のようなことから、時間をかけることも大事ですが、物事の移り変わりが激しいのも事実です。去年は需要があっても今年は無いことは多いです。これと思ったらやるのがいいと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ケニア情報へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

Comment

  1. Naomi より:

    素晴らしい!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MAXYのブログ , 2018 All Rights Reserved.