アフリカのケニアでビジネスを成功させる!

商売の失敗談 グローブ編

2020/04/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

今日は、以前新しい商品を仕入れて失敗した?勉強した?経験をお伝えできればと思います。

 

2019年7月頃のお話です。

その当時、何人かの方から「Alibabaから商品を輸入するのが流行っている!」と、いう話を聞きました。

Alibabaとは中国のアマゾンのような通販サイトなのですが、企業向けの商品が多く、大量に安く商品を購入できるということです。支払いはAlibabaを経由するので、顔を知らない中国業者からも購入し易いということになります。

これは面白そうだなと思いました!

 

私が考えたのは、ヘルメットかバイク用手袋を買いたいと思いました。

まとめて注文しないといけないという点があって、ヘルメットを100個以上オーダーすると、物がそこそこ大きいので、保管場所にも困るというのと、航空便を使うと高くなるということでした。

では、手袋だと思い、商品を探しました。そして目についた物がありました。

こちらです!!

 

これはケニアのマーケットでも販売されている物で、私も以前試しに購入しました。

購入価格は1,500Kshでした。

この商品がAlibabaで見ると、約3USD(この当時は約310Ksh)になっているではありませんか!?

これはケニアまでの送料と関税25%を加算してもかなり良い利益がとれるのでは??

と、思い、2つの会社と交渉に入りました!メッセージを送ると、両方ともレスポンスは早かったです!さすが中国人!

 

価格交渉をしてまとまった時に、安く提示してきた会社はAlibabaを通さず、直接その会社の銀行口座へ支払いして欲しいと言ってきました。

詐欺の匂いがプンプンしてきたので、Alibaba経由でなければダメだと断りました。もう1社はAlibaba経由で支払いができたので、少し高めでしたがそこに決めました。1つ3.09USD

色を青、赤、黒のそれぞれXLとXXLを20個ずつ合計で120個をオーダーしました。

そうなんです!ケニア人比較的手が大きいです!!

 

配送業者はドアツードアで運んでくれる業者になっていました。ケニア側で通関をやってくれたのは、FedExなどの通関をしている業者でした。大手だし問題無いなと思っていました。

そこから、関税支払いの連絡が来るのですが、ここでビックリすることがありました。

 

After customs verification There was a value uplift from 144usd to 1,405usd

と、いうメールが届いたのです。

このメールの内容は、私が買った商品を144USDで購入したと言っていますが、税関検査の結果こんな安いはずがなく、1,405USDの価値があると判断しました。なので、関税は1,405USDの25%で計算します。ということです。

 

私はいったい何のことか分かりませんでした??

もともと私が購入したのは3.09USDが120個なので、370.8USDのはず。なぜ144USDで購入したことになっているのだ??そしてなぜそれが1,405USDになるんだ??

購入した中国の業者に問い合わせると、関税の支払いが安くなると思って、144USDの請求書を付けといたよ!と得意げ!(涙)

 

ここから、何度も何度も本当は370.8USDで購入したという事を説明して、支払い証明も提示しました。税関に直接出向いて話もしました。向こうも面倒くさくなったみたいで、正規の価格より少し高い額で計算をする、という事で許してもらうことになりました。

後で聞いた話ですが、これは気を付けとかないと、ブラックリストに載る可能性があるとのこと。

ただ、さらに深いとこに行くと、交渉専門にするエージェントがいて、安い価格で税関検査をうまく通してもらい、エージェント費用を払う、かなりアウトな方法が存在するそうです。

なので、中国業者は平気で価格を安くしてきます。それを知っているから。。。

 

ひと悶着ありましたが、なんとか商品をゲットできました。

そして、販売を開始!関税の他にも諸々支払いがあり、少し高くなりましたが、1個当たりの原価は880Ksh(税込み)でした。

これを1,500Kshで売ると、美味しい商売ですね笑笑

利益率41.3% ヤッター!!! さっさと売りさばいて、また輸入すれば良い!

 

しかし、

売れません!値引き交渉になれば1,200Kshに下げても良いと言っていましたが、売れません!!

すると、ケニア通販サイトで見た目が同じようなタイプで人差し指で携帯が触れる、機能が一つ良い物が1,000Kshで販売されているじゃないですか!?

お客さんからも、1,200Kshは高いよ!!と言われるのです。

 

1ヵ月の販売数は平均1個か2個。。。これでは在庫を完売するのに5年以上かかる(苦笑)

 

失敗です!!原因は何か?

私が考えることなので、本当の原因かどうか分かりませんが、こんな感じかと思いました。

同じ商品がケニアに溢れているのです。Alibabaがケニアにも大々的に広告をうってきて、私みたいな、小さい商売をやっている人でも、気軽に輸入ができるようになった。

おそらく、流行っているってことは、みんな同じような時期に輸入を開始し。2番手のように、僕のように甘い考えで、行けるでしょう!という感じで購入して、需要を上回ってしまったのかもしれません。

そこは、もう一工夫必要だったなと反省(苦笑)

 

今年に入ってから、価格を再設定しました。

5年間この在庫を置いておいても仕方がないので、ヒアリングをして現状の相場をもう一度確認。

結果、800Kshで販売。

はい、販売する毎に80Ksh赤字です。ただ現金化した方が効率的です。

ここ3ヵ月間では平均15個くらいは販売できています。このペースでいけば今年中にはなくなるでしょう(笑)

 

なかなか商売は難しいですね!

 

他の方のケニアブログは下記から

にほんブログ村 海外生活ブログ ケニア情報へ
にほんブログ村 

この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MAXYのブログ , 2020 All Rights Reserved.