アフリカのケニアでビジネスを成功させる!

バイクショップ オープンまでの道のり⑤

 
赤と白のペンキを塗った
この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

今回は、内装工事の経緯を書かせて頂きます。

オープンに向けて、内装工事を1カ月かけて行いました。

 

このお店の内装は、真ん中に壁があり2部屋に分かれていました。

お店の中にあった壁

お店の中にあった壁

ショールームとしてやるなら中が見通せる方が良いとのことで、この壁を取り外しました。

取り外すといても、でっかいトンカチで潰すという感じです。

土地のオーナーからは、建物に影響無ければ大丈夫とのことでしたので、やりました。

 

ただ、こういった工事をする場合は、ナイロビでは市役所へ届け出て許可を得なければなりません。

ケリチョは必要ないとのことでした。(笑)

壁を取り払った後

壁を取り払った後

これは5日間かかると聞いていましたが、3日で済みました。

 

続いて、ペンキ塗りです。

 

HONDAカラーは赤と白という事で、店の中と外を塗り替えました。

 

現金はあまり持ち歩きたくなかったので、「チェックで支払いができるか?」

と、聞くと

「もちろん!」

と、言ってくれたので、チェックで支払いをすると

「明日から取り掛かる!3日で終了するよ!」

と、言われたのですが、、、

 

後から電話がかかってきて、

「銀行からチェックはお金が反映されるのに2日間かかるって言われたから、工事に取り掛かるのは3日後になる。」

と、言われてしまいました。

チェック受け取ったことなかったのかよ??

 

作業自体も5日間かかりました。まぁ、これは想定内ですね。

 

前とはかなり感じが変わりました。

赤と白のペンキを塗った

赤と白のペンキを塗った

ペンキ職人と

ペンキ職人と

 

CCTVカメラも付けました。これは2日間でできました。

CCTVカメラ

CCTVカメラ

仕上げは、カウンターです。

ケニアでは基本的に、お金を管理する場所や、持ち出せる物を収納する場合、人が簡単に入れないように囲う必要があります。

イメージ図を書いて、実際作る人に来てもらって寸法してもらい、作成してもらいました。

これが予定の倍近くの日程がかかり、

しかも

「材料が足りなくなったので、この前言ったお金だと作れない。」

と、言ってこられました。

「はっ? 採寸したよな? 完璧そっち側のミスやん?」

と、言っても彼には本当にお金がないので、工事が途中から進みません。

こういったミスはケニアでは日常茶飯事!?

確かに、私が始めに予想していた価格よりも安かったので、おかしいなとは思っていました。

ここでお店を完成させない訳にはいかないので、支払いを済ませてオープン予定日までになんとか間に合わせました。

出来上がったカウンター

出来上がったカウンター

 

いよいよオープンだな!!(笑)

 

他の方のケニアブログはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ケニア情報へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
maxy
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしているMAXY(マクシー)です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。 今後、ケニアでビジネスを検討されている人たちに、少しでも役立つ情報を掲載できたらと思いブログを始めました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MAXYのブログ , 2018 All Rights Reserved.